オフィスチェアは何年くらい使えるか【寿命】 | オフィスチェア.com

オフィスチェアは何年くらい使えるか【寿命】

オフィスチェアは高価なので、その寿命は誰もが気になるところ。

しかし、明確な統計なんてあるわけもなく、確実なことは誰にもわからない。

個人的な印象としては、高級なオフィスチェアはまず壊れない。

安物のチェアでさえ10年は普通に持つ

私が1万円くらいで買ったLOASの安物チェアは、購入から20年たったが普通に使える。多少のガタはきているが気になるほどでもない。

高級なオフィスチェアとなれば、10年でも20年でも普通に使えてしまう。

実際、オフィスチェアの中では廉価とされるオカムラのヴィスコンテは、中古で買って7年たったが、わずかなガタさえきていない。(おそらく製造から10年以上たっている)

安いものであれ、高いものであれ、そもそもチェアは滅多に壊れるものではない

学校のパイプ椅子でさえ30年選手はざらだ。(構造が単純なので、むしろ長持ちするのかも知れないが)

オフィスチェアを買って、万が一、10年以内に壊れたら、運の悪さを嘆いていい。

高級オフィスチェアは20年使うつもりで

50歳の人がオフィスチェアを買ったとしたら、冗談抜きで死ぬまで使える確率が高い。

少なくとも、20年は使えるとみて間違いない。

そう考えると、家電製品を購入するときのように、「何年もつかな?」なんて考えるのは野暮というもの。

家具のようにずっと使える前提でオフィスチェアを選んでいい。

うまい棒3本で毎日最高のシーティング

オフィスチェアは20年は持つことを前提にする。

仮に、高級チェアであるオカムラのコンテッサをヘッドレスト付きフル装備で買うとする。新品で20万円は予算をみておこう。

20年持つとすれば、7300日使えることになる。

1日にするとわずか27円ほど(笑。

うまい棒3本の値段で、毎日コンテッサに座れるのである

コンテッサは案外安いじゃないか。

冗談はさておき、長く使うものはお金をかけても元が取れるのは事実だ。

シェアする

フォローする