コンテッサのレビューと買った人の感想

オカムラのオフィスチェア 「コンテッサ」

コンテッサ

公式サイト「コンテッサ」

機能と特徴

  • コンテッサ(Contessa)とは、イタリア語で「伯爵夫人」という意味。
  • 座ったままの姿勢で調整ができる「スマートオペレーション」を搭載。
  • リクライニングはフリーロッキングと5段階調節。
  • 座面の上下移動は100mm。
  • 座面の前後移動は50mm。
  • アームレストは高さと角度を調節可能。
  • ヘッドレストは大型と小型に対応。
  • ランバーサポートは上下調節可能。

オフィスチェア.comのレビュー

オカムラの中で、コンテッサとバロンは人気を二分する人気チェア。

「一度は座ってみたいコンテッサ」。これは今思いついた台詞だが、国内チェアの最高峰という呼び声をネットで見かける。

コンテッサのフィット感については非常に評価が高く、何ヶ月もショールームで試座を続けた後、コンテッサに決めるケースが多い。様々なチェアに座った結果、もっとも座り心地が良いという。腰痛が治ったという人も。

ところで、バロンとコンテッサの違いはなんだろうか。どちらもメッシュ素材で、バロンとデザインが似ているので、どちらにするか判断に迷う。コンテッサは座面が大きく、リクライニングの可動域も大きい。アームレストはより高く調節できる。あとは、ヘッドレストの違いだろうか。

バロンの唯一の弱点として、PC作業をターゲットにしているのに、アームレストの高さが足りないという声がある。コンテッサの唯一の弱点は、ヘッドレストがいまいち合わないという。「バロンのヘッドレストをコンテッサに付けると最強の椅子になる」という指摘があった。

ところで、メッシュ素材は好き嫌いが分かれる。嫌いな人はあまり見かけないし、一度メッシュの椅子を使うと「今後はメッシュの椅子しか使いたくない」という人が多いはずだ。背中が蒸れないので、長時間座る人ほどメッシュ派になる。

しかし、やはり一定数はメッシュが嫌いだという人が存在する。背中から受けるフィーリングがメッシュは弱々しいというのだ。一度はショールームでメッシュの椅子に座ってみて、自分にメッシュが合うかどうか試したいところ。

 

レビューまとめ

  • 調節部位が多く、フィット感に優れている。
  • メッシュ素材は硬すぎず柔らかすぎず、絶妙の弾力性。
  • 大型ヘッドレストが固定式というのが唯一の欠点か。

 

価格の比較

rakuten 楽天で「オカムラ コンテッサ」を検索

amazon Amazonで「オカムラ コンテッサ」を検索

yahoo Yahoo!ショッピングで「オカムラ コンテッサ」を検索
 

コンテッサを買った人の体験談 / 試座レポート

思考(居眠り)する時などはリクライニングを最大で固定して、
足を机に投げだして小一時間思考(居眠り)できます。
(オットマンチェア程のリクライニングはできないので、起きたら次の日って事はないと思いますw)

オカムラ コンテッサ 大型ヘッドレスト ポリッシュ 背、座面メッシュタイプ 買ってみた。

 

座る方にもよるでしょうが、あくまで僕の意見。垂直の状態でパソコンに向かった状態で座るとヘッドレストが頭を前に押し、邪魔になってしまうのだ。

【コンテッサチェア】腰痛持ちが試座して見えたコト②

 

次に試してみたのが、コンテッサでした。
最初の印象は、「アーロンチェアと同じかな」というものです。
でも実際は、細部の機能が異なっていました。

コンテッサの感想※長時間のPC作業に最適!