スペインのオフィス家具会社ACTIUについて調べた | オフィスチェア.com

スペインのオフィス家具会社ACTIUについて調べた

イトーキのプレスリリースで、スペインのACTIU社が製造する多目的チェア「ACTIU WG Chair」を販売するとの告知があった。

ACTIUという会社はまったく知らなかったので、調べてみた。

スペインのオフィス家具業界で、1968年創業の老舗企業だという。

イトーキのプレスリリースは以下。

→ 国際的に権威のあるデザイン賞受賞のスペイン製多目的チェア『ACTIU WG Chair』 を販売

ACTIUの発音

まず、ACTIUの発音からしてわからない。

英語にはない単語だが、直感的には「アクティウ」。しかし、スペイン語となると「アクチウ」かも知れない。

SpainBusinessというサイトによると、「アクティウ社」となっていた。

検索しまくっても、カタカナで表記しているのは上記サイトだけ。

これが正しい発音である保証はないが、英語っぽく発音したときの「アクティウ」で当サイトも通したい。

イトーキのプレスリリースの説明

上記でリンクしたイトーキのプレスリリースには、アクティウ社について以下の説明があった。

1968年創業のスペイン老舗ファニチュアメーカー。
空港施設から教育・医療・インテリア建装工事業に至る多様な市場を対象にしています。
環境活動にも積極的に取り組んでおり、本社及び生産施設(ACTIU TECHNOLOGY PARK)は、国際的な建築物の環境性能評価制度「LEED」における最高評価レベルであるプラチナ認証を取得。
また、2017年にはCEOであり創業者でもあるVicent Berbegal氏がEuropean Business Awards(EBA)式典でEuropean Entrepreneur of the Yearを授賞するなど、急速に市場での存在感を高めています。

アクティウ社の創業CEOが、「2017年ヨーロッパの最優秀起業家」に選ばれたという。

EUでは存在感のある会社なのかも知れない。

オフィス家具業界で世界的に存在感のある会社といえば、売上トップの米国のスチールケース社が浮かぶ。日本のオカムラもオフィス家具で世界4位の売上。

アクティウ社の売上規模は不明だが、今後判明したら追記したい。(英語のwikipediaには該当ページなし。スペイン語らしきwikipediaにはページがあったが、売上表記はなし)

アクティウ社の製品を写真で鑑賞

どんな家具をつくっているのか検索をかけたら、さすがネットの時代だけあって、写真がガンガン出てくる。

特に、archiproducts.comという製品ポータルサイトで、ACTIU社の製品として一覧表示があり、それが一番見やすかった。

興味がある人は以下のサイトをどうぞ。

→ Archiproducts 製品 by ACTIU

一部キャプチャが以下。

オフィス家具の会社なので、どの国であろうと製品内容は似ている。

以下の製品はACTIU社のTNK A500というオフィスチェア。

ごく普通のオフィスチェアである。

それほど強い印象を受けるデザインではない。

他の製品も含めて、全体的にシンプルなデザインが多い。

好みの問題だが、高級感がちょっと足りないと私は感じた。写真の撮り方の問題かも知れないが。

シェアする

フォローする