リープチェアのレビューと買った人の感想 | スチールケース | オフィスチェア.com

リープチェアのレビュー

スチールケースのオフィスチェア「Leap リープ」

リープチェア

公式サイト「Leap」

リープチェアの機能と特徴

  • leapとは、「飛躍」という意味。
  • ナチュラルグライドシステム:背面と座面が連動するシンクロロッキング機能のこと。
  • ライブバック機能:姿勢を変えるたびに背骨に合わせて背面が動く。
  • 背面の上部と下部で別々に調節することで、個人に合った背もたれ形状に。
  • リクライニングの範囲調節。
  • 座面の上下と奥行き調節。
  • アジャスタブルアーム。

オフィスチェア.comのレビュー

海外メーカー製の中で、アーロンチェアと並んで人気のリープチェア。

アーロンチェアは名前だけが先行しているためネガティブなレビューも多いが、リープチェアは使用者から高評価が寄せられている。

背もたれの腰部分を調節できる「ライブバック・背下部変形強度調節」がいい。個人の背骨に合わせて調節できるのでフィット感が得られる。他のオフィスチェアのようにランバーサポートでもいいのだが、背骨の曲線をしっかりあわせられるのはリープの強み。この機能を他のチェアで見かけないのは特許の問題だろうか。

欠点があるとすれば、座面や背面の材質が昔風のクッション素材ということ。夏場はいかにも蒸れそうだ。最新の高級オフィスチェアが軒並みメッシュ素材なのは、それだけ快適だからである。メッシュに慣れている人は二の足を踏むかも知れない。リープチェアが少し古い設計のチェアであることは否めないが、「蒸れ」さえ割り切れるなら良い椅子だ。

下記の感想を見てもわかるように、リラックスするための椅子ではなく、姿勢を矯正してくれる作業椅子であり、長時間座っていても疲れない。

価格の比較

rakuten 楽天で「リープチェア」を検索

amazon Amazonで「リープチェア」を検索

yahoo Yahoo!ショッピングで「リープチェア」を検索

リープチェアを買った人の感想 / 試座レポート

しかし、ながらリープチェアは定価は15万円近いわりに、世の中に結構業務用椅子として出荷されているため、かなり中古の流通量があり、ちょっと探せば3万円くらいで状態がいいものが見つかります。

3万円以下の椅子で最もコストパフォーマンスが良いのは中古のリープチェア

勢い余ってちょい割高で購入したもののまったくもって残念だったらどうしようというリスクはあったものの、評判通り。割りと深く腰掛ける感じにすると腰のあたりがフィットする。座面も動くので姿勢を正しても後傾でもホールド感がいいと思う。

リープチェア買った

なんというか、すわり心地が良いとか悪いとかいう感じではなく、座っていると前傾気味の姿勢になる仕事用のイスという感じがする。
リクライニングしても、ソファのようなゆったり感はまるで無い。
長時間同じ姿勢を維持しても、イスが強制的に疲れにくい姿勢を維持してくれているような感じだ。

中古のリープを購入

使ってみて一番良かったのは、
肘のおくところが上下前後左右に動かせて
肘をのせたままキーボードがうてるようになったこと。

奮発してリープチェアを買ってみた|自分用にフィットできるのが◎

肝心のすわり心地ですが、座面は蒸れます。
その部分に関しては評判通りなので割り切っています。
熱換気の良いクッション等を間にはさんでやればいいでしょう。
やはり、背中に対するサポートがいい感じです。背中の動きをトレースしているといわれるだけのことはあります。

中古のオフィスチェアを比較して、リープチェアを購入した。

この椅子を使った初日、肩こりも首の後ろの痛みもなく終わった。
あんまり長時間座っていないせいかと思ったが、
その次の日も、翌々日もどこも痛くなかった。

リープチェア到着

冬になるとヘルニア持ちの腰は冬の日本海のようにどんより重いのですが、
ストレスのない時の腰の状態はそれに比べると、ハワイのカラッと晴れた空のように
爽やかなのです・・・・。

買ってしまった・・・・・

シェアする

フォローする