サブリナのレビューと買った人の感想

オカムラのオフィスチェア 「Sabrina サブリナ」

サブリナ

公式サイト「サブリナ」

 

機能と特徴

  • サブリナ(sabrina)とは、英国セバーン川に由来する女性名。妖精が川になったという伝説がある。
  • イタリアのジョルジェット・ジウジアーロ氏が創設したジウジアーロ・デザイン。
  • 透過性の高いメッシュ地が特徴。
  • 座面の上下調整は100mm。
  • シンクロリクライニングは、リクライニング角度が直立ポジションから前方に10度、後方に23度まで可能。
  • 座面奥行調整は前後に50mm。
  • アジャストアーム は上下、角度、前後の3D調整が可能。
  • 座面は異硬度クッションという技術を使っていて、座面の前方はやわらかく、後方は硬くなっている。(太ももを圧迫しないように)
  • 「スタンダード」と「スマートオペレーション」の2つのタイプがあり、スマートオペレーションは肘掛の先端でリクライニングや座面の高さ調節ができる。

 

サブリナの動画

オカムラによる公式動画。操作方法を解説している。

 

オフィスチェア.comのレビュー

オカムラの新しいオフィスチェアで、人気のバロンやコンテッサより後に発売されただけあり、座り心地の評価は高い。

前傾スタイルが可能なリクライニング機能に特徴がある。直立よりも前方にリクライニングできるのである。読者や執筆など、前傾スタイルで作業をする人におすすめしたい。漫画家の利用者も多いらしい。

オカムラの人気チェアの中で、PC操作の後傾スタイルなら「バロン」か「コンテッサ」、読書や執筆の前傾スタイルなら「サブリナ」といった選択肢になる。どれもハイグレードな高級機種であり、この3つから選べる人は金持ちである。

ネットで「安っぽい」という評価を見たが、私はまったくそう感じない。透過性の高いメッシュ地を人によってはそのように評価するのだろうか。

曲線を多用した優雅なデザインなので、女性にも似合うことだろう。

 

レビューまとめ

  • 前傾機能がついている。直立よりも前にリクライニングして固定できるので、読書や書きものに最適。
  • アームレストに高さがない。身長によっては、肘を置いた状態でPC作業は難しい。
  • 座面のクッションがいい。前面は太ももを圧迫しない柔らかさで、後方はお尻をしっかり支える固めの素材。
  • 肘掛でリクライニングを操作できるスマートオペレーションは必要かどうか判断がわかれる。頻繁にリクライニングを変える人には便利。

 

価格の比較

rakuten 楽天で「オカムラ サブリナ」を検索

amazon Amazonで「オカムラ サブリナ」を検索

yahoo Yahoo!ショッピングで「オカムラ サブリナ」を検索

 

サブリナの口コミ

 

サブリナを買った人の体験談 / 試座レポート

使用の感想ですが各部の操作性もよく微調整が効き、座っているのを忘れるくらいの心地よさで、何時間でもいけます。使用感はほぼ完ぺきです。キャスターの造りも動きも非常にいいです。

オカムラ・サブリナ カスタマーレビュー |椅子王国

 

今回一番ショックだったのが、サブリナもバロンと同じように肘置きに高さがないことでした。高さ調整のやり方はバロンやコンテッサより格段によくなっているのですが、いかんせん高さがないんです!

オカムラのガーデンコートショールームに行ってオフィスチェア見てきた!

 

椅子の高さとアームレストの高さは、一度決めてしまったらそう変えることはないけれど、手元でリクライニングの調整ができるというのは思ってた以上に快適、リクライニングを一番後ろまで下げて音楽を聴いたり動画を見ると最高です(^p^)

オカムラ サブリナ購入 その2