【オフィスチェア】一覧レビューとお勧めポイント | オフィスチェア.com

オフィスチェアの一覧レビュー

当サイトでレビューしているオフィスチェアの一覧。

オカムラ

コンテッサ


長らく国産高級オフィスチェアの代表的な存在だった。

金があったら買いたいチェア。この椅子に座ってPC作業するのが個人的な目標。

絶妙のフィット感に絶賛の声が多数。

手元で調節が行えるスマートオペレーション搭載。

→ コンテッサの詳しいレビュー

コンテッサ・セコンダ

コンテッサの新型チェア。

強度が増して、チェアタイプのバリエーションも増えた。

新品を買うなら、新型がお勧め。

国産最高級ワークチェアの呼び声が高い。

→ コンテッサ・セコンダの詳しいレビュー

バロン


コンテッサと並んで人気の高級オフィスチェア。

PC作業用チェアの代表的な存在で、SOHOプログラマーの利用者も多い。ネットでやたら評価が高い。

多くのIT企業でも導入されている。

→ バロンの詳しいレビュー

サブリナ

コンテッサ、バロンに続く、オカムラの主力オフィスチェア。

スタンダードタイプは前方リクライニングを搭載して、前傾姿勢に対応している。

美しい透過メッシュもいい。

個人的に、次に買うオフィスチェアの有力候補。

→ サブリナの詳しいレビュー

シルフィー

オカムラの比較的新しいチェア。

背面のカーブを変えられるので、小柄や人や大柄な人にもフィットする。しかも、前方リクライニングも搭載している。

オカムラの中では価格がリーズナブルなので、上記3チェアに手が届かない人にとって有力な候補。実際、新品20万円クラスのチェアと、新品10万クラスのチェアで、違いがわかるかどうかは人による。

→ シルフィーの詳しいレビュー

デューク

作業チェアというより、偉い人の執務室にふさわしい高級チェア。

アルミフレームの威圧感がとても良い。

素材を革、スエード、アムンゼンの3種類から選べるが、デュークを買うならやっぱり革でしょう。

→ デュークの詳しいレビュー

ヴィスコンテ

新品価格が8万円程度でオカムラの中ではリーズナブル。

背面のPP樹脂が絶妙にしなってくれるので、座り心地はけっこう良い。

私は長らくヴィスコンテを使っていたが、姿勢を強めに矯正している作業チェアとして気に入っていた。

→ ヴィスコンテの詳しいレビュー

 ゼファー

「汎用チェア」というコンセプト。あらゆるシーンに使えるチェア。フィーゴの後釜だと思われる。

背面がメッシュだったり、アームレストがあったり、豊富なカラーバージョン等、あらゆるタイプが用意されている。

がっつりした作業チェアという感じではないので、リビングに合いそう。

→ ゼファーの詳しいレビュー

フィーゴ

ゼファーと同じく汎用チェアというコンセプト。背面がメッシュの「フィーゴメッシュ」もある。

やや古いチェアで、ヤフオクでもあまり見かけなくなった。今から買うなら、ゼファーの方がいいような気もする。

フィーゴを使っている利用者の評価は高い。

→ フィーゴの詳しいレビュー

イトーキ

 フリップフラップチェア

他に類を見ないデザイン。折り紙のような多面構造で、各面が姿勢に合わせて稼働する。

新しいチェアだし、個性的すぎるデザインなので、利用者が極端に少ないと思われる。ネットで体験談をまったく見かけない。

座り心地を試したい人は、イトーキのショールームへ。

→ フリップ・フラップチェアの詳しいレビュー

 スピーナチェア

これも他に類を見ないチェア。背面はリブ状の樹脂になっていて、メッシュじゃないけど蒸れない。

G8北海道洞爺湖サミットで採用されて、知名度が高い。人によって評価は分かれるが、熱烈なファンが多い人気チェア。

→ スピーナチェアの詳しいレビュー

 プラオα

プラオの後継チェア。

わりと古いチェアだし、平凡な印象ながら、座り心地は良い。

アームレストは可動式のタイプもある。

→ プラオαの詳しいレビュー

コクヨ

デュオラ

コクヨの比較的新しいチェア。

背面の下部が前方に突き出ることで、前傾姿勢にも対応している。また、体重によってロッキングの強さも変わる。

いろいろ機能があって、デザインもいいが、わりとリーズナブルな価格設定。

→ デュオラの詳しいレビュー

 エアフォート

ランバサポートに空気を入れることで、腰部の隙間を作らない。座る人の体型に合わせた腰のサポートを行う。

上半身を立ち姿勢にすることが狙い。

腰が気になる人にとって有力な選択肢。

→ エアフォートの詳しいレビュー

 フォスター

背面がしなることで、背中の動きに追従してくれる機能に特徴がある。

中古であまり見かけないチェアだが、買った人たちの評価は高い。

→ フォスターの詳しいレビュー

 内田洋行

パルス

現在、私が使っているチェア。背面の下部がせり出ていて、背中を持ち上げてくれるような座り心地。

後傾チェアなので、ヘッドレストはあったほうがいい。

→ パルスの詳しいレビュー

 キャスト

リクライニングとは別に、背面がしなる構造。背中の動きに追従してくれる。

わりと古いチェアで中古価格は安いが、利用者の評価は高い。

→ キャストの詳しいレビュー

スチールケース

 リープチェア

ネットで一部のブロガーが絶賛したことで、人気が出た。

座り心地の評価は総じて高い。

素材のクッションが蒸れるという問題が割り切れるかどうか。

→ リープチェアの詳しいレビュー

ハーマンミラー

アーロンチェア

高級オフィスチェアの代名詞のような存在。

価格がちょっと高めの印象はあるが、一度は座ってみたいチェアのひとつ。

前傾チルト機能がついていて、後方リクライニング固定がないなど、作業チェアとしてコンセプトを絞った設計。

→ アーロンチェアの詳しいレビュー

シェアする

フォローする